学校概要

学校の沿革

鎌倉町立鎌倉実科高等女学校(4年制)

昭和3年(1928年)3月31日

神奈川県鎌倉郡鎌倉町の御即位御大礼記念事業として鎌倉町大町70に設立(現鎌倉第一小学校に併設)され鎌倉郡鎌倉尋常高等小学校長山口萬、校長を兼任

昭和8年(1933年)11月

鎌倉町大町625に移転(現御成小学校に併設)

昭和13年(1938年)9月15日

鎌倉郡御成小学校長守屋貫雅、校長を兼任

鎌倉市立鎌倉実科高等女学校(4年制)

昭和14年(1939年)11月

鎌倉市制により校名改称

鎌倉市立高等女学校(4年制)

昭和18年(1943年)4月1日

中学校令により鎌倉市立高等女学校と改称

昭和20年(1945年)4月31日

鎌倉市御成国民学校長藤田勝太郎、校長を兼任

昭和22年(1947年)11月30日

神奈川県立湘南中学校教諭小出一郎、校長に就任

鎌倉市立鎌倉高等学校(3年制、男女共学)

昭和23年(1948年)4月1日

学校教育法により鎌倉市立鎌倉高等学校となり、小出一郎、校長に就任、併設中学設置

同年5月15日

男女共学となる

昭和24年(1949年)

神奈川県立横須賀工業高等学校教諭城所福之助、校長に就任

神奈川県立鎌倉高等学校(3年制、男女共学)

昭和26年(1951年)

県移管に備え鎌倉市津488-1 箱根土地会社所有地59,690.19m²(18,087.93坪)を買収し校舎建設開始

同年3月10日

県移管により神奈川県立鎌倉高等学校と改称

同年11月

校舎完成(面積2,569m²、ただし現校舎建設により取り壊し)

昭和27年(1952年)2月

鎌倉市御成小学校併設校舎から現在地へ移転

同年4月

生徒定員750名(15学級)

同年4月

教室不足のため御成小学校2教室を借用し1年生の分割授業を行う

昭和28年(1953年)5月

第2号理科館完成(面積463m²、ただし現校舎建設により取り壊し)

昭和29年(1954年)6月

別館半棟完成(面積664m²、ただし現校舎建設により取り壊し)

同年11月

プール完成(公認25m、6コース)

昭和30年(1955年)5月

校歌制定

同年6月

庭球コート完成(2面)

同年9月

プールスタンド完成

昭和32年(1957年)9月

体育館兼講堂完成(面積941m²)

昭和33年(1958年)4月

生徒定員800名(16学級)

同年11月

別館増築完成(面積614m²、ただし現校舎建設により取り壊し)

昭和34年(1959年)4月

生徒定員900名(18学級)

同年4月

芸術科館完成(面積368m²)

昭和35年(1960年)3月

図書館完成(面積453m²)

同年4月

生徒定員1,000名(20学級)

昭和36年(1961年)5月

現C棟半棟完成(鉄筋3階普通教室6、面積711m²)

同年8月

中庭庭園完成(一部改造して現在にいたる)

同年9月

緑化モデル指定校となる

同年10月

生徒会館完成(面積358m²)

昭和38年(1963年)4月

神奈川県立横須賀高等学校長末広令三、校長に就任

同年4月

生徒定員1,066名(21学級)

同年11月

創立35周年記念式典挙行

昭和39年(1964年)4月

生徒定員1,182名(23学級)

同年8月

現C号棟増築完成(鉄筋3階普通教室6増築、面積813m²)

昭和40年(1965年)4月

生徒定員1,318名(25学級)

昭和41年(1966年)3月

格技場完成(鉄骨平屋、面積276m²)

同年4月

生徒定員1,314名(25学級)

同年9月

神奈川県立小田原城東高等学校長鈴木清、校長に就任

昭和42年(1967年)4月

生徒定員1,298名(25学級)

昭和43年(1968年)4月

生徒定員1,204名(24学級)

昭和44年(1969年)4月

神奈川県立高浜高等学校長辻村辰弥、校長に就任

同年4月

生徒定員1,174名(25学級)

昭和47年(1972年)1月

住所表示実施により、鎌倉市七里ガ浜二丁目21番1号となる

同年4月

生徒定員1,195名(26学級)

同年5月

校舎落成式典挙行

昭和48年(1973年)4月

生徒定員1,224名(27学級)

昭和49年(1974年)4月

生徒定員1,260名(28学級)

昭和50年(1975年)4月

生徒定員1,305名(29学級)

同年9月

神奈川県立希望ヶ丘高等学校長三波実、校長に就任

同年12月

現E号棟完成(鉄筋4階普通教室12、特別教室等、面積2,276m²)

昭和51年(1976年)4月

生徒定員1,350名(30学級)

昭和52年(1977年)4月

生徒定員1,440名(32学級)

昭和53年(1978年)4月

生徒定員1,530名(34学級)

同年10月

創立50周年記念式典挙行

昭和54年(1979年)4月

生徒定員1,620名(36学級)

同年12月

体育館兼講堂完成(面積1,590m²)

同年12月

生徒部室完成(面積401m²)

昭和55年(1980年)2月

体育館兼講堂落成記念式典挙行

同年4月

生徒定員1,620名(36学級)

同年9月

神奈川県立上鶴間高等学校長伊原周済、校長に就任

昭和56年(1981年)4月

生徒定員1,620名(36学級)

昭和60年(1985年)4月

神奈川県立住吉高等学校長滝沢文男、校長に就任

同年6月

校長滝沢文男、永眠

同年7月

神奈川県立鎌倉高等学校教頭中村光利、校長に就任

昭和61年(1986年)4月

生徒定員1,632名(36学級)

昭和62年(1987年)4月

生徒定員1,656名(36学級)

昭和63年(1988年)4月

神奈川県立相模大野高等学校長國領喜三、校長に就任

同年4月

生徒定員1,680名(36学級)

平成元年(1989年)4月

生徒定員1,692名(36学級)

平成2年(1990年)4月

神奈川県立野庭高等学校長永森忠治、校長に就任

同年4月

生徒定員1,668名(36学級)

平成3年(1991年)3月

特別教棟完成(面積1,166.80m²)

同年4月

生徒定員1,644名(36学級)

同年10月

特別教棟落成記念式典挙行

平成4年(1992年)4月

神奈川県立藤沢高等学校長池田滋、校長に就任

同年4月

生徒定員1,516名(34学級)

平成5年(1993年)4月

生徒定員1,430名(32学級)

同年10月

B棟校舎リフレッシュ工事

平成6年(1994年)3月

グランド散水設備新設

同年4月

生徒定員1,300名(30学級)

平成7年(1995年)4月

A棟校舎リフレッシュ工事

同年4月

神奈川県立深沢高等学校長蓑島格造、校長に就任

同年4月

生徒定員1,260名(30学級)

平成8年(1996年)4月

生徒定員1,160名(29学級)

平成9年(1997年)4月

生徒定員1,119名(28学級)

平成10年(1998年)4月

神奈川県立寛政高等学校長梅沢淑弼、校長に就任

同年4月

生徒定員1,080名(27学級)

平成11年(1999年)4月

生徒定員1,040名(26学級)

同年10月

創立70周年記念式典挙行

平成12年(2000年)4月

生徒定員1,000名(25学級)

平成13年(2001年)4月

神奈川県立武道館館長大谷寿一、校長に就任

同年4月

生徒定員918名(23学級)

平成14年(2002年)4月

生徒定員840名(21学級)

平成15年(2003年)4月

2学期制、65分授業導入

同年4月

生徒定員760名(19学級)

平成16年(2004年)4月

神奈川県立大船高等学校長石野郁也、校長に就任

同年4月

生徒定員720名(18学級)

平成17年(2005年)4月

生徒定員709名(18学級)

平成18年(2006年)4月

神奈川県立三浦臨海高等学校長金子善政、校長に就任

同年4月

生徒定員708名(18学級)

平成19年(2007年)4月

生徒定員760名(19学級)

平成20年(2008年)4月

生徒定員800名(20学級)

同年10月

創立80周年記念式典挙行

平成21年(2009年)4月

神奈川県立藤沢工科高等学校長塩﨑龍美、校長に就任

同年4月

生徒定員840名(21学級)

同年9月

校長塩﨑龍美、永眠

同年10月

神奈川県立総合教育センターカリキュラム事業部長林誠之介、校長に就任

平成22年(2010年)4月

生徒定員880名(22学級)

平成23年(2011年)4月

生徒定員880名(22学級)

平成24年(2012年)4月

神奈川県立厚木西高等学校校長柏木隆良、校長に就任

同年4月

生徒定員880名(22学級)

同年4月

藤沢養護学校鎌倉分教室開設

同年9月

新C棟校舎完成

平成25年(2013年)4月

生徒定員840名(21学級)

平成26年(2014年)4月

生徒定員840名(21学級)

平成27年(2015年)4月

神奈川県立小田原城北工業高等学校校長真壁広道、校長に就任

同年4月

生徒定員880名(22学級)